金に関する情報が満載!

Gold Platinum

プラチナという金属は

プラチナというのは、非常に貴重な金属であり、世界中の国で取引されています。
世界的に埋蔵量がゴールドの数十分の一しかない上に、採掘できる国もかなり限られていますから、限りある資源の中でも特に価値があるのです。
装飾品なんかに使われてることが多く、価値が高いので投機の対象にもなっています。
ちなみに純金はまさに光り輝いているのですが、人によって光り方が下品であると感じることもあります。
そのため、白い輝きであるプラチナのほうが好き、ということも多くなっており、それが価格高騰に拍車をかけているのです。
当然のことですが、欲しがる人が増えれば相場は高くなります。
まして、装飾品のみならず、工業関係でも需要がありますから、いくらあっても供給が足りない状態でもあるのです。
世界的に需要がありすぎて困っているくらいです。
ちなみにたまに勘違いしている人がいるのですが、ホワイトゴールドというのはまったく違う金属ですから、間違えないことです。

プラチナとは何かを知りたいと思いませんか。

プラチナは隕石の衝突の結果として誕生したといわれていて、歴史をさかのぼると古代エジプトやインカ時代の装飾品に用いられている形跡があります。
加工しにくいことやその希少性から使用されなくなっていきました。
しかし、1700年代になるとスペインの海軍将校によって再発見されて川にちなんだプラチナという名がつけられました。
1800年代になると当時の王様たちによって価値を見出され装飾品として人気を博していきました。
重金属の一つで金属の次に安定した物質として知られていて、酸やアルカリに接しても変色や変質をしないからです。
白い金属としては銀が使用できるが酸化してしまうため、酸化しにくいプラチナは装飾品としての人気が高い金属になったのです。
産出地域がアフリカの一部地域に限定されていて希少価値が高いことも人気の要因となりました。
日本では白金と表記されるためにホワイトゴールドに間違われたりしますが、別の金属です。

recommend

最終更新日:2017/3/2


PAGE TOP

COPYRIGHT(C)Gold PlatinumALL RIGHT RESERVED